男たちの思い

頼りない男たちの活動記録です。不定期更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCOの不定期日記2:CCOのL4D2対戦講座その1

いよいよ。L4D2のDLCが来ましたねー。
とりあえず、配信当日にさすけと谷さんとお試しで
軽くやってみました。中々やりごたえのあるステージで
僕的に、これは買いかなあと思います。
時系列的に今回のDLCはデッドセンターとダークカーニバルの
間の話らしいので、DLCの実況動画配信はデッドセンターの
終了後を予定しています。乞うご期待!

さて、話は変わりますが
僕は普段、L4Dをプレイしている時は、だいたい対戦を
やっています。1日平均して2~3回、多い時で4,5回
くらいやります。昔はキャンペーン専門だったのですが、
フレンドと一緒にやっていくうちに対戦に目覚めましたw

対戦で重要なのは、キャンペーンのEXPERTで
要求されるような細かい立ち回りももちろんですが、
何と言っても味方との連携が大切です。
これは生存者側、感染者側のどちらをプレイ
する時にもいえる事です。

対戦の生存者側のダメージはNORMALと同じです。
しかし、感染者の連携度はEXPERTのさらに上を
いきます。一度分断されてしまえば、
大ダメージをくらうのは避けられません。
なので、生存者は近くに固まりあい、
仮に感染者に捕まっても、すぐに他の人に助けて
もらえるような位置にいるのが好ましいです。

逆に感染者側をプレイするときは、如何にして
生存者を分断させ、ダメージを与えていくのか
が鍵となります。
もちろん、全員タイミングを合わせた上で
攻撃を行うことも重要です。
ハンター、ジョッキー、スモーカー、チャージャー
のうち3体で同時に拘束(通称:3拘束)を行った時の
敵チームに与えるダメージは計りし得ません。
感染者単騎による攻撃は、すぐに他の生存者に殺されて
しまう可能性があるため、
生存者同士の距離が余程離れていない場合を
除いてやめた方がよいでしょう。

さて、最後に対戦の心得を箇条書きにして
まとめておくので、初めてやる方などは
参考にしてください!

生存者側の心得
1、お互いができるだけ見える位置にいる。
2、味方のダメージに常に目を向けておく
(見えないところで味方が捕まっている可能性があるため)
3、前にいる人は、時々後ろを振り返る
(後ろの味方がついて来れず、生存者同士の距離が離れる
可能性があるため)
4、体力が40になったらすぐに回復する。
キットやピルの出し惜しみはしない。
(体力40を切ると足が遅くなります。
対戦において足が遅くなるというのは、
敵に攻撃する回数を増やす機会を与えてしまう
ということです。どうしても温存したい場合を
除いて、回復した方がいいと思います。)

感染者側
1、なるべく単騎で特攻しないようにする。
2、別々の方向から襲うようにする
(同じ場所から出たら、同時に殺される可能性が高いため)
3、なるべく感染者リスポンはギリギリまでしない
(感染者の声で位置が悟られてしまうため、ハンターなどで
 撹乱する時以外はやめた方が望ましい。
 感染者は死角なら3mくらい近くでもリスポンできるので
 その距離を体で覚えるのが重要) 
 

次に日記を書く時は、感染者の細かい戦略についてまとめたい
と思います。5月にはL4D2の大会の3回目があるらしいので、
興味のある方、腕に自信のあるかたは是非参加してください!
もちろん、僕も出場するつもりです。

スポンサーサイト

 | ホーム |  »

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。